まずは知っておくゴルフ練習場ガイド

レンジボールは、おなじように打ってもコースボールの3分の2程度の高さにしか到達しません。そのため、特別短い距離を打ち分ける時に、全くといっていいほど距離感が変わってきます

 

新宿トレーニング場などで使われてるトレーニング用ボールは、ドライビングレンジ(トレーニング場のこと)で使用することから、レンジボールとも言われてます。その使い方のため、耐久性に長けてる事と、安価であることが持ち味デス。
長く練習をするにあたって、1球あたりの値段と共に重点をおいたいのが、使われてる練習用ボールの種類です。
比較的古いタイプのレンジボールは、スタンダードに販売されているコースボールと比べて、かなり飛距離が落ちます。
「ええっ、練習用ボールに種類があるの?」といわれてしまいそうですけど、大手メーカーのダンロップのみでも7種類の練習の為のボールをラインナップしていて、それぞれに特性があります。
ドライバーで、230ヤードの飛距離をだすゴルファーが、レンジボールを打つと190ヤードしか飛ばないという計測数値も。
特に厄介なのが、ボールの高さが変わることです。
初心者ゴルファーのトレーニングの目的のひとつとして、自分の飛距離を把握するという課題があります。

 

飛距離の出るゴルファーほどこの傾向は顕著に現われ、60〜70ヤードの飛距離ロスが起こる時もあります。
上級者はともかく、コレだけの飛距離差が出てしまうと、ビギナーにはコースで自分が打つ距離を把握する事が困難。